新闻banner
  • 陝西省屋根用太陽光発電研究会が開催
    企業ニュース 2021.07.20 陝西省屋根用太陽光発電研究会が開催
    7月16日、PV MANとPV BOXが主催する屋根太陽光発電セミナーが陝西西安で開催され、設計所、投資家、ディストリビューター、EPC、太陽光発電設備サプライヤー、金融機関など約400人が参加しました。中国政府が脱炭素社会の実現に向けて、「全県推進」という各県(市・区)建築物の屋根上に太陽光発電設備設置促進の政策を発表しました。セミナーで、カーボンニュートラル目標や、「全県推進」に直面する機会と挑戦について議論しました。 安泰ソーラー営業マネージャーの卓偉鴻が、「屋根用太陽光架台(BIPV含め)の応用とソユーション」をテーマに、「全県推進」政策を詳しく解説しました。また、安泰ソーラーのシンガポールなど海外市場における豊富な経験と屋根用架台情報を共有し、参加者の注目を集めました。 全県推進には、屋根形状と設置する環境は比較的複雑かつ多様であるため、要件も厳しくなります。案件を進めるには、架台サプライヤーの現地調査、計算および設計能力が特に重要です。 卓偉鴻は、シンガポール政府主導のHDB賃貸住宅プロジェクトをを例として、政府の全県推進施策と安泰ソーラーが当プロジェクトで蓄積した経験を共有しました。15年間蓄積してきた設計経験と優れた設計力により、300種超の屋根形状をわずか5つの設計テンプレートにまとめ、住宅用太陽光発電の複雑な状況に応じて完璧な解決策を提供しました。今まで、累計50MWの架台を出荷しました。 全県推進の中で最も複雑かつ重要な一環として、太陽光架台が工事の作業軽減とデータの算出に重要な役割を果たしています。同時に、架台メーカーは、「連結ピン」のような機能を果たし、太陽光発電設備メーカー、または施工会社を有効に結び、プロジェクトをより円滑に進めることができます。安泰ソーラーは、業界の皆様と協力し、「全県推進」政策をスムーズに実施できるように支援し、カーボンニュートラルの実現に向けて取り込んでいく意向を表明しました。 「全県推進」という新モデルの下で、安泰ソーラーは、変わらぬ「低炭素社会の実現へ」のビジョンに、企業価値の向上に努めてまいります。市場動向を把握しながら、技術力・解決力・総合実力を活かし、便利・高安定性・革新的な太陽光発電架台を開発し、全世界へ良質なカスタマイズサービスを提供し、太陽光発電の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 安泰ソーラー”HELIOS D2”追尾式架台を採用した 30MW太陽光発電案件が連系
    2021.07.02 安泰ソーラー”HELIOS D2”追尾式架台を採用した 30MW太陽光発電案件が連系
    近頃、福建安泰新エネルギー科技有限会社(以降「安泰ソーラー」)により30MWの追尾式架台を提供した、中国寧夏回族自治区における100MW大型太陽光発電所が連系しました。 当案件は中国北西部のトングリ砂漠に隣接し、朝晩の気温差が大きく、年間を通じて平均風速も大きいので、砂嵐が頻発しています。また、設置地が起伏のある丘で形成し、土も柔らかいです。現地調査に基づき、当社のHelios D2追尾式架台を提案し、BOSコストとLCOEの削減、優位性のある発電量を実現させます。 Helios D2は、45m/s突風に耐えます。耐風性をさらに高めるために、リスケージダンパーが付いています。基礎は安定性に優れたPHC杭で設置し、全体コストを一段と低減させました。また、各勾配に応じて架台の長さを設計し、整地作業はほとんど必要ありませんでした。 安泰コントロールシステムは、最寄りのパワコンから給電を行い、耐電圧800VAC。リチウム電池が必要なく、ケーブルコストや配線作業もそれほど必要ないため、極低温下でシステム性能向上と耐用年数延長を実現させます。 当社独創のAI知能追尾アルゴリズムにより、逆追尾期間に生じた日陰を完全に回避できる同時に、低放射と高反射率における両面モジュールの発電効率を向上することもできます。従来の追尾アルゴリズムと比べ、より優れた傾斜地適応性を備え、さらに年間発電量を6%以上増加すると予測されています。 当プロジェクトの建設は、お客様から当社製品と提案力への認可と、地元EPCとの協力成功を示しました。豊富な風力資源を備えたので、当案件はGW級の風力発電所に近く、「太陽光+風力」発電相互補完なエネルギーモデルにより、地域電力供給の安定性を高めます。
    もっと見る
  • SNEC 2021円満終了、ハイライトを振り返る
    展示会 2021.06.05 SNEC 2021円満終了、ハイライトを振り返る
    2021年6月3日-6月25日に開催されました第15回上海太陽光発電展示会に出展しました。この度も多くの方々のおかげで、大変盛況のうちに執り行うことができましたことを、心より御礼申し上げます。 15周年お祝いメッセージ送達! 安泰ソーラー設立15周年を迎えるにあたり、展示会場では15周年記念特別映像が公開され、そこで安泰ソーラー15年間の歩みを振り返える同時に、グローバルパートナー企業の皆様からの映像メッセージも届きました。 SPACE初公開、太陽光発電を「独特・知能・効率・無限」に 6月3日に開催された新製品発表会により、SPACE追尾式架台が正式に公開されました。4回路以上のストリングを接続可能といった高い展延性を有し、主流の大型モジュールに適応できます。また、ロボット掃除機にマッチでき、より高い効率で発電コストが大幅に低減できており、平地に設置された大型発電所に最適といえます。 対話から太陽光発電の未来を探る SNEC期間中、安泰ソーラー副社長のLloyd Li氏、Amy氏は中国の太陽光発電専門メディアPV tech、 NE-SALONによる個別取材を受けました。Lloyd Li氏は過去の実績、開発動向や市場の見通しなど、Amy氏は新製品の魅力と技術開発を中心に紹介しました。 SNEC「Top 10 Highlights MW-level」賞を受賞 6月5日午後、「Top 10 Highlights」の評定結果が展示会場で発表され、革新的なデザインにより、安泰ソーラー多点駆動トラッキングシステムが「Top 10 Highlights MW-level」賞を受賞しました。安泰ソーラー上海支社副社長のAmy氏は、「新世代スマートトラッキングシステム」をテーマにスピーチを行い、SPACEの技術紹介、太陽光発電最新動向と今後展望について解説しました。 安泰ソーラーは決して立ち止まることなく、更なる飛躍に向けて挑戦し続けます。今後も変わらぬ、「低炭素社会の実現へ」のビジョンの達成に向け、便利・高安定性・革新的な太陽光発電架台を開発し続け、太陽光発電の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 安泰ソーラー、トラッキングシステムーSPACEを発表、光の未来を逆転させろ!
    展示会 2021.06.03 安泰ソーラー、トラッキングシステムーSPACEを発表、光の未来を逆転させろ!
    福建安泰新エネルギー科技有限会社(以下「安泰ソーラー」という)は、2021年6月3日、第15回SNEC展示会場上海新国際博覧センターで「トラッキングシステム- SPACE製品発表会」を開催した。 15年間ブランド力向上、研究開発における新たな高みへ到達 2006年創業以来、15年間太陽光発電業界に深く関わってた安泰ソーラーは、15周年記念動画を通じて、確固たる進歩と先進的な技術開発が見えてきました。太陽光発電架台分野で先駆的かつ革新的な成果をもたらすことを目指し、次の15年に向けて進みます。 (日本語バージョン後ほど更新します) Spaceシリーズ正式登場! スルードライブを採用したSpaceシリーズ単軸追尾システムは、「独特・知能・効率・無限」を特徴とし、4回路以上のストリングを接続可能なので、主流の大型モジュール全般に適用できることで、コストを18%削減可能。平地での大型太陽発電案件に最適なSpaceシリーズは、業界で大きな注目を集めています。 さらに、独創的な電気連動設計を配備し、従来の機械連動に比べると、プロペラシャフトが不要、取り付け・メンテナンスが迅速かつ簡単に行え、人件費も効果的に削減。また、多重保護により、強風にも耐えられる構造設計に加え、業界初のブラシレスモーターを搭載し、30年以上利用可能、発電所の運転サイクル期間中メンテナンスフリーを実現させます。 安泰ソーラー上海支社副総経理のAmy氏は、「モジュールの大型化が確実。今回発表したSPACEシリーズは、そのトレンドに乗って研究を重ねてきた成果です。弊社の追尾式架台がすべてCPP風洞試験にクリアした。SPACEシリーズもその中の1つです」と述べた。 今回の新製品発表会で15年間絶え間ない技術の向上に努力する姿を示した安泰ソーラーは、カーボンニュートラルを達成するために、「低炭素社会の実現へ」のビジョンに、便利・高安定性・革新的な太陽光発電架台を開発し続け、全世界へ良質なカスタマイズサービスを提供して太陽光発電の未来を支え続ける意向を示した。
    もっと見る
  • 安泰ソーラー、豪One Stop Warehouse と2GW架台販売契約締結及びバングラデシュParamount Groupと戦略協力協定
    企業ニュース 2021.05.27 安泰ソーラー、豪One Stop Warehouse と2GW架台販売契約締結及びバングラデシュParamount Groupと戦略協力協定
    5月26日(水)、安泰ソーラーは、豪州太陽光大手ディストリビューターOne Stop Warehouse(以下「OSW」という)、バングラデシュParamount Group(以下「Paramount」という)とそれぞれ戦略協定を締結し、両社の代表と画面越しに握手しました。 ▲OSW CEO Anson氏と安泰ソーラー社長 黄麗琴氏 ▲One Stop Warehouse と安泰ソーラーグループの管理層 OSWとの協定に基づき、両社は2021-2024年度、豪州地域における2GWの太陽光架台代理販売契約を締結しました。今回は、2019年以来二回目の業務提携となりました。 「品質はもちろん、設計力、サービス力を兼ねた安泰ソーラーの実力は豪州で高い評価を受けています。太陽光発電マーケットが拡大している中、両社の強みを十分に生かし、カーボンニュートラル達成に役立つことを期待しています。」(OSW CEO Anson氏) OSWは、オーストラリア最大のソーラーディストリビューターとして、オーストラリア急成長企業100社の1つに選ばれ、強大なブランド影響力と強固な顧客基盤を持っています。「OSWと業務提携できることを大変光栄に思い、共に太陽光発電事業の深化と探索を両取り、クリーンエネルギー導入を通じて世界のエネルギー構造転換を促進するために更に力を入れます」と黄麗琴氏。 ▲Paramount CFOと安泰ソーラー副社長 李禄伟氏 ▲Paramount中国代表者Daniel氏と安泰ソーラー副社長李禄伟氏 今年初、安泰ソーラーはParamountと提携し、40MWの大型太陽光発電所プロジェクトに太陽光架台を提供しました。バングラデシュ政府は、2041年までに発電容量を60,000MWを増やす目標を発表しました。だが、2020年の太陽光設置容量は政府目標の11%に過ぎないです。今回の協定締結により、安泰ソーラーは、Paramountが開発した太陽光発電プロジェクトに技術サーポートを提供し、共にバングラデシュの新エネルギーの導入拡大を目指しています。 安泰ソーラーの15周年を迎える今年は、両社との協力協定によって新たな推進力をえました。今後も変わらぬ、「低炭素社会の実現へ」のビジョンに、企業価値の向上に努めてまいります。市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な太陽光発電架台を開発し、全世界へ良質なカスタマイズサービスを提供し、太陽光発電の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 韓国GreenEnergy Expo 2021円満終了
    展示会 2021.04.30 韓国GreenEnergy Expo 2021円満終了
    2021年4月28日~30日に、GreenEnergy Expo 2021が韓国大邱で予定通り開催されました。この度、韓国のパートナー企業であるGS Global様が主催し、弊社安泰ソーラー、GCL、GOODWEとHT–SAAE5社共同で出展することになりました。 この度、韓国の商工業・公共用発電所に適した合金鋼、アルミ製野立て架台と屋根用架台を展示しました。その中、韓国市場向けに開発された屋根用架台ソリューションがブース本場の人気製品になり、多くの方は相談に来ていました。 韓国の屋根市場において、MAC(溶融Zn-Al-Mg合金めっき)鋼板など鋼製架台は多く採用されていますが、屋根にかかる負荷を軽減できると同時に、全体的な強度も影響しない製品へのニーズも出てきます。アルミ特有の優れた軽量性と耐食性がそのニーズを完全に満たせ、そこで、安泰ソーラーアルミ屋根用架台が分散型太陽光発電所の最上位の選択肢となっています。また、傾斜地など複雑な地形に適用した野立て太陽光架台も多くの発電事業者やEPCさんを魅了していました。 韓国太陽光発電協会(KOPIA)の報告書によると、2021年容量3GWの太陽光発電設備を設置する予定で、2030年までに30.8GW新規導入する目標を掲げています。安泰ソーラーは韓国に進出してから長年経ちましたので、自社の製品競争力、一貫生産、業務効率性を十分に発揮し、GS Global地元の影響力を借りて、ともに韓国の自然エネルギー促進のために力を入れます。 安泰ソーラーは今後も変わらぬ、「ハードコア・テクノロジー&カスタマイズ架台専門会社」として努めてまいり、市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な架台を開発し続け、全世界へ優質なカスタマイズサービスを提供し、お客様の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 太陽光架台の初期構造設計から異常気象リスクを軽減する方法とは
    企業ニュース 2021.04.28 太陽光架台の初期構造設計から異常気象リスクを軽減する方法とは
    太陽光発電の導入は世界的に加速的に拡大を続け、日本では高コストなどの原因で十分に進んでいませんが、発電所において、1%のリスクがあっても重大な損失発生に高い可能性があります。強風など極端気象の多発地域で大型太陽光発電所の利用推進ためには、初期設計の前に、気象リスクの管理方法が非常に重要になります。 異常気象により、太陽光発電所に巨額の損失をもたらしたことがあり、それは、構造設計、製品品質、O&Mなどの要因の組み合わせ結果です。 太陽光架台専門メーカーとしての安泰ソーラーは、大型太陽光発電所の異常気象課題に対応する幅広い経験を持っています。つきまして、構造設計に関する洞察を共有し、なぜ太陽光発電所建設の際に気象リスクへの配慮が必要なのかを見ていきます。 強風による被害は、主に共振によって引き起こされたものです。マルチアクチュエータ駆動を利用した安泰ソーラー追尾式架台は、その問題を完全に対応できます。追尾式太陽光発電所の建設完了後、システム固有振動数f1が発生し、また発電所の臨界風速により、周波数f2が生じます。f2がf1に近いか等しい場合、共振が発生し、システム転げ落ちなどの不安定性を高めます。マルチアクチュエータ駆動を利用した場合、固有振動数のf1を最大限に上げることにより、f2との差も広げられ、共振問題を解決できます。主軸に締め付けたトルクが従来の3分の1になり、システムの安全・安定運転を維持できる同時に、全体的のコストも5%~20%削減することができ、特に強風地域では、これ以上コストダウンも可能となります。 薄くて柔らかい構造は建築基準法に適用されないため、風洞試験を通じて正確な風荷重を予測し、確実な耐風設計を行うことの重要性が大きくなっています。安泰ソーラーのHelios・Clytieシリーズ追尾式架台はすべてCPP資格に合格されたことで、システムの安全かつ効率運転を確保できます。 要するに、極端な悪天候下でも安定・安全運転を保つため、安泰ソーラーは追尾式架台の初期設計開発から工夫しました。安泰ソーラーは、今後も変わらぬ、「ハードコア・テクノロジー&カスタマイズ架台専門会社」として努めてまいり、市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な架台を開発し続け、全世界へ優質なカスタマイズサービスを提供し、お客様の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 愛知県の850.8KWソーラーシェアリング案件が完工
    事例ニュース 2021.04.12 愛知県の850.8KWソーラーシェアリング案件が完工
    今月初に、弊社の架台を採用した愛知県の営農型太陽光発電案件が工事完了しました。本発電所は、傾斜地に設置するので、各勾配に応じて支柱や基礎の長さを設計しました。 営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)とは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、太陽光を農業生産と発電とで共有でき、作物の販売収入に加え、売電による継続的な収入や発電電力の自家利用等による農業経営の更なる改善が期待できます。(「営農型太陽光発電について」(令和2年4月), 農林水産省) 安泰ソーラーラインナップは、通常の野立て転用タイプと三角棚つけタイプ2種類で、各案件条件に合わせアレイ構造による適合な設計が提案可能です。通常仕様の場合、架台が高いので、パネルの施工はかなり手間がかかります。そのため、弊社は裏止め金具を提案しました。裏面からパネルを固定するので、わざと一番上まで上る必要は無く、より簡単・安全に施工することができます。 安泰ソーラーは、今後も変わらぬ、「ハードコア・テクノロジー&カスタマイズ架台専門会社」として努めてまいり、市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な架台を開発し続け、全世界へ優質なカスタマイズサービスを提供し、お客様の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 安泰ソーラー架台を採用したBison Energy発電所が完成、今試運転中
    事例ニュース 2021.03.31 安泰ソーラー架台を採用したBison Energy発電所が完成、今試運転中
    近頃、Bison39号と32号発電所が相次いで竣工し、それぞれ設置容量は470 KWと335.16KWです。 Bison39号発電所は山口県に位置し、施工性・安定性・柔軟な対応性を兼ね備えたSC+CGシリーズを採用し、スクリュー杭基礎架台で設置しました。また、広島県に位置している32号発電所は、重塩害仕様を採用しました。現場はダブルフランジと調整可能金具を使って勾配に応じ、キャストイン工法でスクリュー杭を打ち込まれます。 ▲Bison39号発電所 ▲Bison32号発電所 Bison Energy株式会社と安泰ソーラーの協力してから3年が経ち、すでに緊密かつ安定的な協力関係となり、2020年12月、Bison Energy株式会社と戦略的パートナシップ協定を正式に締結しました。その前、携わってきた太陽光発電案件には、野立て用のほうが多かったですが、市場ニーズに応じて、これからは屋根用案件もさらに増えていくことに合意しました。 太陽光架台トップ企業としての安泰ソーラーが、2020年まで日本向け架台出荷量は5.39GWに達しました。今後も変わらぬ、「ハードコア・テクノロジー&カスタマイズ架台専門会社」として努めてまいり、市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な架台を開発し続け、全世界へ優質なカスタマイズサービスを提供し、お客様の未来を支え続けます。
    もっと見る
1 2 3

合計 3 ページ

メールニュースのご登録

安泰ソーラーの最新情報をお届けします。

お問い合わせ

#
お問い合わせ
製品、資料請求などのご相談・お問い合わせにはこちらをお気軽にご利用ください。

ホーム

製品

連絡先