新闻banner
  • 安泰ソーラー架台を採用したBison5号発電所がもうすぐ稼働開始
    事例ニュース 2021.10.29 安泰ソーラー架台を採用したBison5号発電所がもうすぐ稼働開始
    安泰ソーラーは、バイソンエナジージャパンにより投資・建設したBison5号太陽光発電所に設置容量2851.2KWの架台を提供しました。当発電所は、FITによる売電単価は21円/kWh 、11月1日に運転開始予定です。 当案件は、福井県坂井市に位置し、積雪量150cmあります。雪荷重に耐えることと施工性を考慮し、安泰ソーラーが膜厚3.0mmの二枚羽スクリュー杭基礎架台を提案しました。架台は角度30度で設計し、地上高が3.2mあります。 通常のスクリュー杭と比べて、二枚羽杭の方が大きいので、大きな押込み支持力を実現できます。なお、従来型の杭長を長くして設計する必要がある場合、二枚羽杭のほうが短くしても同様な支持力に達せるので、コスト短縮可能というメリットもあります。また、高い貫入性能を備えることで、よりはやく打設可能となります。 安泰ソーラーは、2011年から日本の太陽光発電市場に進出し、2021年8月までに架台販売実績を5.8GW突破しました。常に、お客様のご要望に満足を頂けるカスタマイズ架台解決策を提供し、お客様の太陽光をしっかり支え続けます。
    もっと見る
  • 中国新疆のスチール製架台案件工事中|安泰ソーラー
    事例ニュース 2021.10.22 中国新疆のスチール製架台案件工事中|安泰ソーラー
    当案件は、新疆ウイグル自治区の阿拉山口市に位置し、設置容量は4.738MWです。極寒気候、多雪、粗砂などの地域的気候特性を考慮して、またシステム全体の安定性と収益性を確保するために、スチール製架台を採用されました。現在、当案件は工事中です。 スチール製架台は野立て太陽光発電プロジェクトにとって経済性と信頼性の高い選択肢と言えます。高炭素鋼を採用することで、大スパンを実現しながらも、低コストを支えます。また、設置工事をスムーズに進めるために、安泰ソーラーエンジニアが現場でプロジェクトを協力し、さらに現場状況に合わせてソリューションを最適化調整しました。 当案件は、中国とカザフスタンの国境に位置し、1日あたり平均日照時間が10時間あります。豊富な太陽光資源と独特な地理的位置により、クリーンエネルギー設備容量が年々増加しています。当案件は、「資源構造転換+地域産業発展」の組み合わせにより、地域産業の活性化を図り、地域経済への貢献に期待できます。
    もっと見る
  • タイの追尾式太陽光架台案件工事中|安泰ソーラー
    事例ニュース 2021.08.13 タイの追尾式太陽光架台案件工事中|安泰ソーラー
    安泰ソーラーは、バンコクの太陽光発電所に、設置容量1MWの追尾式架台を提供しました。当案件は、Ant-Cloud(原Helios D1) 単軸デュアルリニアアクチュエータ追尾式架台を採用し、プレキャストコンクリート基礎で設置します。今年の7月に着工開始となり、コロナの影響で、完工時間は8月末に後ろ倒しになりました。 タイは南国に位置し、1年を通じて日射量が多く、1日の平均日射量は約5〜6.5KWh/㎡に達しますが、気温が高いので、蓄電量がそれほど達成できないです。より効率よく発電するため、当社は両面発電モジュールに最適するAnt-Cloud追尾式架台を提案しました。 Ant-Cloudは、マルチアクチュエータ駆動の採用により、一層の安定性を確保できる同時に、一人でも簡単に設置できますので、工事効率向上を実現させます。また、ANTAIコントロールアルゴリズムにより、一日中太陽光を自動追尾し、年間発電量は0.5~3%を増加することが期待できます。 タイは東南アジア諸国における太陽光発電の導入が最も早い国で、その代替エネルギー開発計画によれば、2036年までに太陽光発電の累積設置容量6GWを目指します。現在、安泰ソーラー製架台を採用した案件がいくつか出荷中です。これからも、タイで更なる事業拡大していくを図ります。
    もっと見る
  • 愛知県の850.8KWソーラーシェアリング案件が完工
    事例ニュース 2021.04.12 愛知県の850.8KWソーラーシェアリング案件が完工
    今月初に、弊社の架台を採用した愛知県の営農型太陽光発電案件が工事完了しました。本発電所は、傾斜地に設置するので、各勾配に応じて支柱や基礎の長さを設計しました。 営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)とは、農地に支柱を立てて上部空間に太陽光発電設備を設置し、太陽光を農業生産と発電とで共有でき、作物の販売収入に加え、売電による継続的な収入や発電電力の自家利用等による農業経営の更なる改善が期待できます。(「営農型太陽光発電について」(令和2年4月), 農林水産省) 安泰ソーラーラインナップは、通常の野立て転用タイプと三角棚つけタイプ2種類で、各案件条件に合わせアレイ構造による適合な設計が提案可能です。通常仕様の場合、架台が高いので、パネルの施工はかなり手間がかかります。そのため、弊社は裏止め金具を提案しました。裏面からパネルを固定するので、わざと一番上まで上る必要は無く、より簡単・安全に施工することができます。 安泰ソーラーは、今後も変わらぬ、「ハードコア・テクノロジー&カスタマイズ架台専門会社」として努めてまいり、市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な架台を開発し続け、全世界へ優質なカスタマイズサービスを提供し、お客様の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 安泰ソーラー架台を採用したBison Energy発電所が完成、今試運転中
    事例ニュース 2021.03.31 安泰ソーラー架台を採用したBison Energy発電所が完成、今試運転中
    近頃、Bison39号と32号発電所が相次いで竣工し、それぞれ設置容量は470 KWと335.16KWです。 Bison39号発電所は山口県に位置し、施工性・安定性・柔軟な対応性を兼ね備えたSC+CGシリーズを採用し、スクリュー杭基礎架台で設置しました。また、広島県に位置している32号発電所は、重塩害仕様を採用しました。現場はダブルフランジと調整可能金具を使って勾配に応じ、キャストイン工法でスクリュー杭を打ち込まれます。 ▲Bison39号発電所 ▲Bison32号発電所 Bison Energy株式会社と安泰ソーラーの協力してから3年が経ち、すでに緊密かつ安定的な協力関係となり、2020年12月、Bison Energy株式会社と戦略的パートナシップ協定を正式に締結しました。その前、携わってきた太陽光発電案件には、野立て用のほうが多かったですが、市場ニーズに応じて、これからは屋根用案件もさらに増えていくことに合意しました。 太陽光架台トップ企業としての安泰ソーラーが、2020年まで日本向け架台出荷量は5.39GWに達しました。今後も変わらぬ、「ハードコア・テクノロジー&カスタマイズ架台専門会社」として努めてまいり、市場動向を把握しながら、便利・高安定性・革新的な架台を開発し続け、全世界へ優質なカスタマイズサービスを提供し、お客様の未来を支え続けます。
    もっと見る
  • 優質なサービ+信頼できる製品、安泰ソーラーが南アメリカ市場に足を踏み入れた
    事例ニュース 2019.11.06 優質なサービ+信頼できる製品、安泰ソーラーが南アメリカ市場に足を踏み入れた
    近頃、安泰ソーラーによって一連のアルミ架台解決案を提供したブラジルでの野立て発電所案件がほぼ完工しました。地元の気候と地面状況にあわせて、中小型の発電所に適応するSCシリーズ野立て架台が採用られました。システム仮組完成度が高く、現場での設置を速く終わらせます。コストと工事時間が削減できること、お客様に大好評を受けています。グループブラントの影響力と製品品質の一致性を持っている安泰はチームワークを高め、南アメリカ数々のプロジェクトの連系に協力しています。 ご周知のように、南アメリカの日当たり条件がよく、太陽光発電が急速的に発展されているうちに、ブラジルとチリーは潜在力あるGW級の市場であります。市場動向を明確に把握しながら、高品質かつ豊富な経験を持っている安泰ソーラーは南アメリカ市場に好評されています。また、ブラジルで事務所を設立し、地元化サービスを深化しており、ブラジルだけでなく、南アメリカエネルギー市場にも自信を持って邁進しています。 安泰ソーラーは今後も、便利・高安定性・革新的な架台解決案が提供できるよう力を注いでいます。良質の製品とサービスにより、発電所の収益を保障し、顧客の利益を作ります。
    もっと見る
  • ”HELIOS D1”マルチアクチュエータを活用した中国初の32MW太陽光発電案件を落札
    事例ニュース 2020.10.16 ”HELIOS D1”マルチアクチュエータを活用した中国初の32MW太陽光発電案件を落札
    近頃、福建安泰新エネルギー科技有限会社(以降「安泰ソーラー」)が、中国寧夏回族自治区における32MWの太陽光発電所プロジェクトを落札しました。当案件は、2020年末に完工予定で、中国初のマルチアクチュエータを活用した追尾式架台案件となります。地元の太陽光発電導入と砂漠生態系のグリーン経済の発展促進を意図しています。 寧夏回族自治区は、黄河中域に位置し、温度差が大きく、砂漠化が進んでいる一方、地勢も不均一であり、架台設置にはより難しくなります。安泰ソーラーが、設置地の自然条件と20%の勾配に応じて、両面モジュールに最適するHELIOS D1追尾式架台を提案し、技術面にも全面的にサポートします。 今年8月正式発表して以来、安泰追尾式架台が多方面から注目を集めています。複数の特許と技術優位性を持つは、マルチアアクチュエータ駆動により、固定式架台と同じく高い安定性を備えています。強風でもシステムのゆれがなく、また固有頻度が高いので、共振のリスクが起こりません。ストリングパワーで給電し、ケーブル敷設と管路掘削コストが大幅に削減させ、工事スピードも加速させられます。Mesh通信に加え、システム調整とO&Mにアシストします。 このプロジェクトにより、太陽光発電と砂漠修復を組み合わせることで、中国エネルギーの構造変革への貢献を目指します。
    もっと見る
  • 弊社初のMAC架台案件工事中
    事例ニュース 2020.08.20 弊社初のMAC架台案件工事中
    近頃、弊社初のMAC架台案件第1期工事が完工した。中国江蘇省に位置し、設置容量は合計10MWです。 当陸屋根は平らで支持力が高いので、レールレス式架台システムを採用しました。部品が少なくて、コストを下げる同時に、工事手間も低減できます。また、屋根に穴をあける必要がなく、現地風速を基に、コンクリートブロックのサイズを設計します。 「MAC架台」は、溶融Zn-Al-Mg合金めっき鋼板を使用した架台システムです。Zn-Al-Mgの効果により、優れた耐食性、耐疵付き性、加工性を実現し、コストダウンも可能で、さまざまな設置場所に適用できるので、1つのいい選択肢ともいえます。
    もっと見る
  • なぜソーラーカーポートを設置するのか?
    事例ニュース 2020.08.04 なぜソーラーカーポートを設置するのか?
    3月に完工したソーラーカーポート案件です。兵庫県に位置し、それぞれ設置容量は27.04KW 、34.58KWです。 屋根空間を利用して太陽光発電システムを導入する場合が多いですが、カーポートの上に太陽光発電を行うのもなかなかいい選択です。ソーラーカーポートを設置すれば、車を雨、暑さや汚れから守れ、デッドスベースを活用できる一方、設置場所に電力を供給できます。また、屋根発電と比べて、施工が短期間・低予算で行えます。 安泰ソーラーのソーラーカーポートは、自社製のアルミ材質を使用し、耐久性・耐食性に優れ、大雪でも安心の強度を誇ります。出荷前にプリセットを行いましたので、工事時間が一層短縮できます。立地によって異なるさまざまな設置条件にも対応し、通常の仕様に加え、水漏れを防ぐ導水仕様の2パターンをご用意しています。
    もっと見る
1 2

合計 2 ページ

メールニュースのご登録

安泰ソーラーの最新情報をお届けします。

お問い合わせ

#
お問い合わせ
製品、資料請求などのご相談・お問い合わせにはこちらをお気軽にご利用ください。

ホーム

製品

連絡先