会社概要

福建安泰新エネルギー科技有限公司は投資総額三億元で、福建省漳州市で大規模なアルミ型材生産拠点を二箇所所有しており、総敷地面積が21万平米(建築中の敷地面積が16.6万平米で、延床面積が30万平米あり、2018年末から利用する予定で、アルミ型材の年間生産量が5万トンまでできる)です。厦門市にも運営センターを設置しております。現時点グループの社員数が600人以上います。事業内容は太陽光発電用架台、EPC発電所と建築フォームワークという三つの事業項目を含めいます。開発、設計、生産、販売、サービスを一体化としているグループ企業で、多様化アルミ型材利用解決案を提供できる競合性に優れているメーカーになり、世界中でお客様から高い信頼性をもらっているパートナーであります。グループの傘下には厦門安泰新能エネルギー科技有限公司と福建省漳州安泰アルミ型材有限公司があり、インターナションナル影響力のある世界的なブランド大手企業になるように取り組んで行きます。


成立時間:2006年

生産規模:21万平米のアルミ型材生産拠点

事業内容:太陽光発電用架台、EPC発電所、建築フォームワーク



成長履歴


2006:福建省漳州安泰アルミ型材有限公司成立

2007: ISO9001品質システム認証獲得

2008:太陽光発電用架台を世界中へ輸出開始

2009:厦门安泰新能エネルギー科技有限公司成立

2010:福建省名高いブランド称号取得

2011:日本向け営業チームの仕組み完成

2013:スクリュー杭生産ライン設立、生産拠点拡大

2015:日本物流センター設立

2016:世界中で架台輸出総量が5GW達成

2017:EPC発電所事業と建築フォームワーク事業の展開







著作権 © 2018 福建省漳州安泰アルミ形材有限公司は dyyseo.com

top

    ご質問やお問い合わせ、または当社の連絡先データを使用してメールでお問い合わせください。私たちはあなたの質問にお答えさせていただきます。