2017-01-24

厦門安泰ソーラー10MWの日本大型傾斜地物件

このたび、安泰ソーラーの太陽光発電用架台が再び様々な現場課題を解決し、日本の傾斜地大型案件のシステム完工を実現してきました。北海道日高町字庫富にあるこの案件はシステム容量が10141.56kwで、20165月から施工が始め、20172月に竣工する予定です。現時点では架台部分の取り付け工程が大部完成済状況です。



この現場住所は特に人里離れなところにあり、電車でも直通できず、自動車を利用するしかありません。現場の地形はきわめて険しくて、土石流も発生したところで、現場で雨靴を着る必要です。冬になると、凍った現場へ行くために切り立った山地で歩くことだけでも結構大変です。このような斜面地に施工するというのは確かにえらいことだと言えるでしょう。しかし、このような厳しい環境で施工できたこそ、この物件の雄大さと壮観ができました。厦門安泰ソーラーは現場の地形と環境要素に合わせて、1本足(几型パイル)基礎東西調整システム架台を提案致しました。



安泰ソーラーが提案する険しい地形に相応しい東西調整架台は0~50度の調整範囲があるので、お客様が自由に角度調整で傾斜地での取り付けができます。安泰ソーラーのエンジニアが架台の取り付け説明支援に現場まで行ってるとき、一部の地質が予想以上硬くて、几型パイルが打ち込めず、隣接の几型パイルの高低差がすごく大きいです。この状況に当たり、安泰ソーラーのエンジニアから高低差対応用の補足材を提案致しました。これで、問題を迅速に解決できました。太陽光発電用架台製品の設計開発段階で、各種類の残酷な自然条件や災害を考慮し、最適な力学構造に合わせて、耐蝕性に優れているアルミ合金型材を採用します。高強度のレール、配属品及び高品質な表面処理で、この架台は自然環境の厳しさと試練に耐えられます。この大型案件で安泰ソーラーは設計提案、施工指導、お客様への迅速な対応を致しました。



安泰ソーラーは強い設計開発力を持ち、架台製品が日本市場ですでにいくつかの10mw以上のランクの野たて物件に使用されています。案件ごとの条件により、最適な提案対応ができ、各お客様の認めを頂きました。

          


Copyright © 2020 Xiamen Antai New Energy Tech. Co., Ltd dyyseo.com

top