新闻banner
  • 太陽光架台解説(上)
    業界ニュース 2021.06.24 太陽光架台解説(上)
    太陽光架台とは、太陽光モジュールまたは太陽光パネルを取り付けるための支持物です。近年、架台倒壊などのトラブルが増えてきていますが、太陽光発電を設置してしまったら、太陽光発電所の見直しや再施工は非常に困難になり、初期費用よりも高い修理費用がかかります。 施工前にしっかりした架台を選択し丁寧な施工をしてもらうことは、運用のトラブルを回避するために重要です。架台選別ときに、価格だけではなく、発電効率、耐久性、安全性にも考慮しなければなりません。一般的に、選択できる架台は下表とおりです。 種類 スチール架台 アルミ架台 単管パイプ架台 特徴 ①錆びやすい、メッキ処理により防錆性能を向上 ②他の材質に比べ値段が安い ③強度は強いが、重いため現場加工が難しい ④撤去の際、別途処分費用が必要 ①錆びにくい ②安価 ③強度がやや弱いが、成型の形により強度を向上。 ④軽い、施工性が良い ⑤撤去する場合、撤去費用を抑えられる ①錆びやすい ②一番金額を抑えられる ③引っぱり強度が弱い ④格好が悪い 安泰ソーラーは、15年間太陽光架台に専念し、80人の設計チームにより2日間図面を提出可能となり、また一貫生産体制により、常に低コストかつ高品質の製品をお届けします。当社では、強度に強いMAC鋼板架台とアルミ架台をご選択いただけます。各案件条件に合わせた最適な架台ソリューションをご提案しますので、太陽光架台をお探し方ぜひ一度ご連絡ください。
    もっと見る

合計 1 ページ

メールニュースのご登録

安泰ソーラーの最新情報をお届けします。

お問い合わせ

#
お問い合わせ
製品、資料請求などのご相談・お問い合わせにはこちらをお気軽にご利用ください。

ホーム

製品

連絡先