会社情報
# #
中国本部 上海 日本 スペイン ブラジル ベトナム フィリピン シンガポール マレーシア インドネシア オーストラリア ウクライナ ドバイ インド アルゼンチン チリ メキシコ
16
16
創業年数
800+
800+
社員数
120+
120+
エンジニアー
19.3
19.3
累計架台出荷量
アジア、ヨーロッパ、南米など、世界各地に事業を展開する安泰ソーラー。それは、アルミインゴットの鋳造から成型、そして物流に至るまで、一貫体制で厳しい品質を維持しているから。プロフェッショナルのスタッフが、プロジェクトの設計・開発から携わり、各国の認証をクリアした確かな品質で、お客様の多様なニーズにお応えします。安泰ソーラーは、革新を続ける太陽光架台サプライヤーです。
もっと見る
製品・ソリューション
固定式架台

アルミ、スチール、MAC鋼材などのマルチ対応できる太陽光架台ラインナップ

追尾式架台

スマートコントロールシステム+自動追尾モードにより、従来の固定式架台より発電量アップ

固定式架台
固定式架台
アルミ、スチール、MAC鋼材などのマルチ対応できる太陽光架台ラインナップ
追尾式架台
追尾式架台
スマートコントロールシステム+自動追尾モードにより、従来の固定式架台より発電量アップ
最新ニュース
フィリピンでの65MW案件、2度の地震に耐えた安泰の実力をご覧ください
事例ニュース フィリピンでの65MW案件、2度の地震に耐えた安泰の実力をご覧ください 2022.11.18

フィリピンのクリマオの海岸では、65MWのメガソーラー発電所が建設中です。安泰ソーラーのスチール架台を採用して、本案件は 2022 年 1 月に開始され、最終的に 2023 年 2 月に連系する見込みです。 フィリピンは赤道に近く、太平洋とインド洋の境界に位置しています。ユニークな場所は、この国に美しい島の景色をもたらしますが、塩害、地震、ハリケーン、火山噴火などのさまざまな自然災害を引き起こし、太陽光発電所に極端な損害を与える可能性があります。工事期間中、安泰ソーラーの架台システムは2回の7度の地震を無事に乗り越えました。 台風ナルゲでも建物全体が微動だにしなかったことにお客様から「安泰ソーラーの製品に強い信頼を寄せることができる」という好評もいただきました。 自然災害は即効性のある被害をもたらし、塩害は時間とともに腐食が進むため、考慮しなければなりません。腐食度を推定した後、安泰ソーラーのエンジニアは高レベルの防食亜鉛メッキ層を採用することでシステムを最適化しました。人件費を節約するという要件を満たすために、エンジニアはコンポーネントを削減する方法を考え出し、設置を容易になる上に、構造全体の安定さも確保できます。 安泰ソーラーは、開発者および EPC チームと緊密に協力して、時の試練に耐えられる製品を提供し、建設のベストプラクティスを提供しました。架台の到着検査から設置まで、当社のエンジニアが常に現場にいて、最も専門的なガイダンスを提供します。当社のエンジニアである張勇は、3ヶ月間、現場での設置を指導することで、工期を短縮し、建設コストを下げました。 安泰ソーラーは、単に製品の販売者だけでなく、問題解決者として、「低炭素社会の実現へ」をビジョンに献身的に貢献する者でありたいと常に考えてきました。このビジョンのもと、安泰は、ソーラー世界のあらゆる場所で、カスタイマイズのソリューションとオンサイトサポートを提供しています。
もっと見る
発電できるカーポート——兵庫県クリーンエネルギーソリューション
事例ニュース 発電できるカーポート——兵庫県クリーンエネルギーソリューション 2022.11.04

 空き地での太陽光発電の導入は進み、未開発適地は減少しています。また建物屋根上だけでは十分な再エネ電力を得られない場合があります。そのような中、駐車場に設置できるソーラーカーポートが注目されています。ソーラーカーポートは吸熱性がよく、取り付けが便利で、コストが低いなどの特徴と優位性があり、既存の場所を十分に利用し、車を守る上、クリーンエネルギーを提供することができます。  日本は、2030年度温室効果ガス排出削減目標を達成するために、再エネ電力の利用は排出削減の取組に必要です。現在の発展傾向によると、2030年までに再エネ発電量は日本の総発電量の34.6%を占めることになります。最近、安泰ソーラーより設定したアルミソーラーカーポートを採用した兵庫県1.3mw案件が完工し、順調に連系しました。  駐車スペースと発電量を両立させるために、プロジェクト全体の設計は環境に合わせてカスタマイズされ、同時に科学的で合理的な配置を行い、サポート柱は有力な支持を提供し、安定的で信頼性のある駐車場を作ります。セメントの使わない設計は空間面積を節約し、しかも中間通路も考慮されることで、駐車と乗り降りを便利にし、土地の集約化、立体化総合利用の目的を達成する一方、自然の恵みを余すことなく電気に変えます!  また、屋根は太陽光発電建築の一体化構造を採用し、太陽光パネルを屋根の代わりにし、架台主体はアルミニウム合金を採用し、軽くてシンプルなデザインで、製品の取り付けもやすくなります。各性能も非常に優れ、過酷な環境や強い紫外線でも、長持ちします。特筆すべきは、本案件が海に頼っているため、安泰ソーラーは材料の選択において、より塩害と腐食を防ぐ高性能アルミニウム合金を採用し、アルミニウム材料表面の膜層を厚く処理し、使用寿命を延長し、海風の浸食と時間の試練を恐れず、お客様にご好評いただいております。  中国初の日本市場進出の太陽光発電架台サプライヤーとして、安泰ソーラーはブランドのコア競争力に頼り、日本支社と物流センターで現地化サービスの優位性を十分に発揮し、優れた品質、良質なサービス、優れた製品により、日本での累計出荷量は6.21 GWに達し、日本向けの出荷量8年連続中国架台メ一カ一のNo.1となりました。今後も太陽光架台の製造· 設計に専念し、便利·高安定性·革新的な架台をご提供できるよう、引き続き日々努力を重ねていきます。
もっと見る
350MW!漁業と発電事業の共生を図るシステム
事例ニュース 350MW!漁業と発電事業の共生を図るシステム 2022.11.03

 漁電共生型太陽光発電システムは、環境にやさしい水空間の利用方法として認識されています。水上に設置されたソーラーマトリックスは、クリーンエネルギーを生み出すだけでなく、水産養殖の水面温度を下げることができ、複数の経済的利益をもたらします。  湖北省赤壁市にあるこの建設中の 350MW プロジェクトでは、一部は安泰ソーラーのTAI-Universal 単軸多回転追尾式架台が採用されています。省内最大の漁業用太陽光発電システムとして、総面積は4.9 平方キロメートルで、年間約4億6千万kWhのクリーンエネルギーが供給される見込みです。  追尾式架台は、ソーラーパネルの角度を一日を通して太陽の動きに合わせて調整し、発電量を最大化することで固定式架台に比べてLCOEの低減に優れています。  安泰ソーラーが独自に開発した追尾式架台の一つとして、TAI-Universal はすべての太陽光を最大限に捉えるために Al アルゴリズムを採用しています。特許取得済みのマルチターン機械式同期駆動設計により、主軸がねじれから保護され、構造全体が安全かつ安定した状態に保たれます。 TAI-Universal は追尾範囲は ±60°に達し、両面モジュ一ルに適用のため、発電効率を大幅に向上させることが可能です。  漁電共生型太陽光発電システムには、優れた防食性能を持つ製品が必要です。それに加えて、カスタマイズされたサービスもプロセス全体の重要な要素です。このプロジェクト初期段階、安泰ソーラーは経験豊富なエンジニアチームを現場検査とオーダーメイドの設計のために派遣しました。設置に関する様々な対応を提供し、お客様から高い評価を得ました。  プロジェクトが連系を完了すると、年間 321,300トンのCO2排出量が削減され、脱炭素社会に一歩近づくことができます。 2022 年 9 月末までに、安泰ソーラーの世界累計出荷量は 24.1GW に達しました。「太陽光未来を支える」を使命として安泰ソーラーは、世界中のお客様に良質なクリーンエネルギーソリューションを提供することに取り組んでいます。
もっと見る
安泰ソーラーはヨーロッパにグローバル研究開発センターを設立し、グローバルビジネスに新たな一歩を踏み出す
企業ニュース 安泰ソーラーはヨーロッパにグローバル研究開発センターを設立し、グローバルビジネスに新たな一歩を踏み出す 2022.08.18

今月、安泰ソーラーはスペインのマドリードにグローバル研究開発センターを設立しました。これは、安泰ソーラーの技術研究開発とビジネス展開の新たなマイルストーンであり、グローバルビジネスに新たな一歩を踏み出すことを示しています。 ヨーロッパの販売センター、グローバルサポートセンターに続き、これは安泰ソーラの海外初のグローバル研究開発センターであり、上海、厦門、漳州に次ぐ4番目のグローバル研究開発センターです。チームメンバーは業界有名企業の経営に携わったシニアエキスパートを含む多くの研究開発スタッフで構成され、ヨーロッパからグローバルなビジネス展開する安泰ソーラーの決意と自信を持っていることを表しています。 この新しい研究開発センターは、ヨーロッパの人材資源を活用し、製品、技術、サービスを最適化し、グローバル化に対する需要を満たし、新しい技術を開拓することを目指し、追尾式架台のコアアルゴリズム、風洞試験などを中心に、安泰ソーラーの技術革新の発展において重要な役割を担っています。 今後、安泰ソーラーは引き続き前向きな戦略策定と国際的視野を持ち、ゼロカーボン社会の実現に向けて、クリーンエネルギー事業を推進します。
もっと見る
10GWの生産量と613億2600万円の生産額!安泰ソーラーが中国・福建省の工業団地を拡張
企業ニュース 10GWの生産量と613億2600万円の生産額!安泰ソーラーが中国・福建省の工業団地を拡張 2022.07.29

7月4日、福建安泰新エネルギー科技有限会社(以下、安泰ソーラー)は福建省漳州市長泰区で同社の工業団地の第2期工場を建設することを発表するのを目的として、起工式が行われた。式典には多くの政府関係者が参加し、安泰ソーラー会長の黄仕塔氏がプロジェクトについて報告した。 工業団地の第2期工場は2024年末までに完了する予定で、工業団地全体で613億2600万円の生産額と1,300人の雇用創出が見込まれている。 安泰ソーラーの工業団地は、240エーカーの敷地面積で2段階で建設される。第1期は97エーカーの敷地に、7万平方メートルの工場と倉庫を建設した。第2期の面積は143エーカーで、14万4000平方メートルの新工場、オフィスビル、寮、物流センター、研究開発センターなどが建設され、主に固定式架台、追尾式架台、建材一体型架台(BIPV)製品などの生産に使用される予定である。完成後の年間生産量は10GWに達すると予想される。安泰ソーラーは、技術研究開発を会社のコアコンピタンスと位置づけており、新工場では高性能化したアルミニウム合金の研究開発および関連するインテリジェント製造も行う予定である。 安泰ソーラーは、事業を拡大する一方で、供給力の強化にも取り組んでいる。 福建省に建設中の工業団地を含めて、天津市、江蘇省、インドネシア、トルコ、インドの世界6カ所に生産拠点を持ち、強力な生産能力と世界の隅々への迅速な配達を実現している。また、ゼロカーボン社会の実現と太陽光未来を支えるために、安泰ソーラーは常に高品質の製品と優れたサービスを提供することに努めている。同時に、安泰ソーラーは事業拡大に伴い、社会への恩返しを忘れず、地域社会への還元や各地域の経済発展を促進している。
もっと見る
導入実例
導入実例一覧へ
メールニュースのご登録

安泰ソーラーの最新情報をお届けします。

お問い合わせ

#
お問い合わせ
製品、資料請求などのご相談・お問い合わせにはこちらをお気軽にご利用ください。

ホーム

製品

連絡先